読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァリマールを作ろう!

「ヴァリマールを作ろう! 」と題して、今更ですが製作記事を書いてみました。
 
かなりザックリです。

 

用意するもの
 
・HGガラッゾ (都合上ガラッゾを使っていますが、手首の改造が必要なのでガデッサのほうがいいかも?)
・ボールデンアームアームズ、アームアームズ少々
・エポキシパテ(軽量タイプが好き)
プラ板(1.5ミリ厚)
・プラモデル用接着剤(スチロール樹脂用のやつ)
・ライター
・必要だと思う工具(プラ板切るハサミ とか カッターのこ とか)
・精密マイナスドライバー
 
・板チョコ(おやつ)
・やる気、根気、愛 (←いちばん重要)
 
f:id:hiirob:20160131025254j:image
f:id:hiirob:20160131022219j:image
 だいたいの形を書いたプラ板を切り、ライターで熱して曲げたりして、ガラッゾを芯にしてザックリと形を作っていきます。
 
( 肩アーマーを軸に通すところは、結構軸の長さがギリギリになるので、そこだけ薄いプラ板使ったほうがいいかも…
 本当にギリギリになるので腕側を削ったりしてなんとかしてください。)
 
 プラ板が接着剤で思うように付かなかったら、パテで強引に固定してしまいましょう。
 
 プラ板を切り出す前にチョコレートの紙に形を描いて切り取ってみて、それを当てたり曲げたりして、だいたいどのくらい必要かを確認すると良いと思います。ついでにチョコも食べます。
 製作には補給が必要だよね!
f:id:hiirob:20160131022510j:image
 膝上の不要な部分を カッターのこ で切り取ります。
 
 腰回りの装甲などの接続には「ボールデンアームアームズ」のボールジョイントを使います。
 アームアームズやボールデンアームアームズはポリキャップみたいな使い方ができるのですが、ふつうのプラモデル用(スチロール樹脂用)の接着剤でくっつきます。とても便利。
f:id:hiirob:20160131023451j:image
 エポキシパテを盛り付けて、マイナスドライバーなどで ちょんちょん して模様をつけていきます。
f:id:hiirob:20160131023512j:image
羽の接続部は大きなボールジョイントで(それでもちょっと保持力弱いかも)。穴を開けて差し込んだ後、周りをパテで固定してしまいます。
f:id:hiirob:20160131023529j:image
 盛りつけの段階で水をたっぷりつけた指で撫でまくってできるだけ表面をきれいにしましょう。(ヤスリは使っていません)
 
 作る順番を考えながらやると時間が節約できます。
f:id:hiirob:20160206203737j:image
 顔。できるだけかっこよく作りたいところです。顎はガラッゾの顎を使ってます。ほとんどガラッゾが芯になってないかも?(芯にはなってるんだけど加工しすぎて別にガラッゾじゃなくてもいいような…わかりづらい)
 さらに、ガラッゾの目が小さかったので目の部分だけ他から流用しています…
f:id:hiirob:20160206203751j:image
f:id:hiirob:20160206203810j:imagef:id:hiirob:20160206203818j:image
f:id:hiirob:20160206203825j:image
 肘。ガラッゾの腕を一旦切り離して「ボールデンアームアームズ」と「アームアームズ」で回転軸を作ってあります。これでアーマーの干渉を軽減でき、肘を曲げられるようになります。(途中写真がありませんでした)
f:id:hiirob:20160131024255j:image
 羽はできるだけ薄く。1.5ミリ厚のプラ板ならパテが硬化しても反らないと思います。たぶん。スラスター部は「モビルスパイク」と市販のバーニアパーツ?を使いました。
f:id:hiirob:20160131025016j:image
 根気よく ちょんちょん していけば形になります。 (このあと多少の修正を行っています。)
f:id:hiirob:20160131032353j:image
 ガラッゾを使った場合は武器を持つ手がないので手を」「ビルドナックル角」にします。これで太刀の両手持ちもやりやすくなります。
 手首のジョイントをそのまま接着すると強度不足になるので真鍮線を通して補強しています。
 
f:id:hiirob:20160131025851j:image
 さて塗装です。今回は缶スプレーを使います。サーフェイサー(ブラック)で下塗りしたあとに「シャンパンゴールド」で全体を塗装。
 
 その後ゴールドやグレー、ブラックなどを筆塗り。ブラックはエナメル塗料を使いました。
f:id:hiirob:20160131030346j:image
 発光するところを蛍光塗料で塗ってブラックライトで光るように。(「 応 ! 」)
 
f:id:hiirob:20160131030043j:image
 完成!ガラッゾ芯なのでアクションベースに対応します。(っていうか、アクションベースがないと立たないかも…)
 
じつは 設定とはだいぶ形が違うのですが、無理に設定通りにして結果的にカッコ悪くなるよりも、自分でカッコイイと思えるアレンジだと思ったほうが(気も)楽です。
 
 楽しんで作りましょう。作りたいものへの思いとやる気が大事です。
 
 腕に覚えのある方は 閃の軌跡Ⅲ までに作ってみてね!